癌発見から手術まで|免疫力をあげるためにしたこと

ココア 心理

免疫力をあげるための幸福感、充実感、ファイティング精神

明けましておめでとうございます。

新年をいかがお過ごしでしょうか。

「たきじ」の妻です。
 
 

癌治療から1年。

昨日の大晦日は、主人の実家に全員集合。

ワイワイ賑やかに過ごしました。

卓上に並んだご馳走には、目が眩むほど。

光って見えました。

和洋中のおせち、雑煮、あんこ餅、きな粉餅、納豆餅、カニ、煮魚、酢ダコ刺身、野菜のお浸し、茶碗蒸し・・・・

見ただけで満たされる幸福感。

ゆっくり、ゆっくり、食べられる幸せを噛み締めて美味しくいただきました。

“食べられた”という、この充実感が大事です。

量が少なくても家族と、皆と“同じものを一緒に食べられる”これがキモです。

後からひどいダンピングに襲われても、食べて充たされた充実感があれば、後悔もしなくなりました。
 
 

抗がん剤治療開始から1年

1年前の大晦日は、退院日当日でした。

(平成28年12月27日に審査腹腔鏡手術を受け、31日に退院 )

傷は、お腹に3ヶ所の穴でしたが…やはり、傷は小さくとも痛いものは痛い。

負けるものかと、翌朝には歩きましたけど。

ファイティング精神で燃えるのも重要です。

ただし、いつも燃えていると疲れて燃えカスになってしまいますから、“燃えどき”に底力を発揮してください。

癌細胞は、胃の壁を突き破って露出していました。

腹水を抜いて何度も洗浄。

転移がないか、腹膜、大腸、卵巣・・・・

執刀ドクターは、あちこち相当にいじったようで、術後、内臓が元に戻る激しい動き(エイリアンがお腹で暴れる感じ)に吐き気が伴い、ろくに食事もできず酷かったです。

そんな状態で大晦日退院。

自宅で一人留守番でした。

夕食は、フライドポテト数本、お粥、ウィダーインゼリー。

それでお腹がいっぱい。

元旦には、義母から煮魚が届き、柔らかさに感動し、でも半身食べるのがやっと。

実家の母からは、お煮しめが届けられ、人参を2個食べて満足。

そんなレベルでした。
 
 

そして、年明け4日からTS-1を内服開始。

ここから私の癌治療がスタートしたのです。

副作用が懸念されたので、実家の母にサポートをお願いして、万全の体制で内服開始。

翌日には、普通炊きの白米に納豆をかけて完食。

翌々日には、お寿司をパクパク。

私は、スキルス・潰瘍合体型の胃癌でした。

どうしようもないほどになっていた病巣部に抗がん剤TS-1がテキメンに効いていくのを実感しました。

そして、1月10日に入院して11日にシスプラチンを投与。

投与日は、祖父の命日でもあったので、妙に安心していました。

守られている安心感。

病院食は、普通食を希望して毎日完食。

2月にシスプラチン2クール目を投与。

この2クール目の入院中に東大で募集していた臨床実験(パクリタキセル静脈・腹腔内投与・TS-1併用)への参加を決めて、医師チーム・先進医療事務チームと怒濤の協議。

思い出しても手に汗握る緊張の攻防戦。

私は、いつも渦中に居るなぁと思います(笑)
 
 

臨床実験治療へ

かくして、臨床実験治療のレールに乗り、3月に全身麻酔下で腹部ポート造設手術を行いました。

がん最新の治療はここからはじまった

【胃がん の前兆】癌発見のきっかけは?【がん最新の治療】はここからはじまった
家族が癌になってしまいました。ステージは3か4。完全に治るかわかりませんが、最新治療を模索して、先生と相談していきたいです。

4月は、念のため入院してパクリタキセル投与。

その後は、外来通院で投与しました。

白血球ガタ落ち、高熱、連日通院、血圧70・・・・・

想定外の不調で手術日が定まらずドタバタ劇を続け、最終的には、白血球数、たったの「2800」で手術GOサイン。

怖い怖い術後合併症の説明を受けて、思わずドクターに

「私、大丈夫なんでしょうか?」

ま、こうやって生きているので、大丈夫だったのですが(*^^*)

術後に、死を覚悟する地獄を味わったのも事実で・・・・・・

最後は「私は絶対に大丈夫。生きる。」という気持ちで不安に競り勝ったように思います。
 

【胃の全摘後】好きなものでストレス改善

胃がん術後の食べ物は「好きなものでストレス改善」
術後、実家に泊まれるまで復活してのんびりと過ごす 実家は、山間ですんごい田舎で標高も高く不便で寒い所ですが、景色だけは素晴らしく、空気も澄んでいて、とっても静かで癌患者には、もってこいの環境です(^-^) 静かにのんびりと雑...

 

ホッとしてリラックス

現在は、自宅で純ココアを練って、豆乳ココアを作っています。

あたたかいココアは、ホッとしますね。

ココア

 

ココア・豆乳・オリゴ糖

 

おすすめ記事

【大満寺】「がん封じ」に虚空蔵菩薩をお参りに

大満寺で 癌封じ 虚空蔵菩薩をお参りに|宮城の癌参り
宮城県仙台市太白区 「大満寺」(だいまんじ) 直接の治療が、ある程度安定してきたので、今度は精神的なところのケアで、なんとか免疫力をあげていけるような方法を探していました。 サイトを探していたところ、「NAVERまとめ」...

【40代の胃がん】がんを治すのではなく「生まれ変わる」という考え方

スキルス 胃がんをブログで宣言「ママ」として生きるためには
がんを抱える人生は幸か不幸か。 初めまして ブログ主の妻です。 ようやくいろいろ書けるまで容体が安定してきたので、筆をとらせていただきました。 <宣告からこれまで> 2016年に...

コメント