癌はストレスが関係ないというが・・・腸ろう管のストレスのお話

自由 免疫力

“腸ろう管”とおさらば

(スポンサーリンク)

 

皆様お元気でいらっしゃいますか?

「たきじ」の妻です。

 
 

嬉しいことがありました!

私にとっては、かなりの前向き要素です。

それは・・・・
 
 


経腸栄養剤を注入するために小腸に直接差し込まれていた“腸ろう管”がやっと抜けたのです!

 
 
昨年7月の手術後から私の左腹部に半年間留置。

まさに一心同体だった細長いチューブ管。

管の約40㎝は、体外に露出するので、差し込み口の孔(あな)にバイ菌が入らないようにする処置が必要です。

更に、管が詰まらないように時折注射器で水を注入しなければなりません。
(医療用語で〈フラッシュ〉)

処置には
 
 

  • 滅菌ガーゼ
  • 防水フィルム
  • 防水絆創膏
  • 不織布テープ
  • 伸縮テープ

 
 
等々が必要です。

ドラッグストアでも医療グッズは値段が高く、長期的に必要となれば出費もかさみます(涙)

防水フィルムを二重に貼ってもお湯が浸透してしまうため、お風呂に浸かれたのは、この半年間で5回くらいでしょうか。

シャワーだけでも浸透してしまいます。

そのせいか、昨年9月からは、孔(あな)や皮膚と管を縫い付けた部位から膿がとめどなく出てくるようになり、チクチク、グズグズとした違和感が( ̄□ ̄;)

毎日ガーゼや絆創膏を交換していました。

その粘着成分で皮膚がかぶれてしまい、晩秋からは異常なかゆみが発生。

掻きすぎて皮膚の色も黒ずんでしまいました。

そして、チューブ管内にカビが出現。

レントゲンでエックス線を浴びながら交換処置をしました。

 
 

【腸ろう】管の交換

【腸ろう造設】チューブ交換を実況しました
お腹に入っている栄養の入り口【腸ろう】を交換する お元気でいらっしゃいますか。 「たきじ」の妻です。 術後抗がん剤治療5クール1回目を無事に投与できました。 ノイトロジン注射により、11月30日時点で15,700まで増え...

 
 

体からチューブ管がモロに露出している上に、ミゾオチからヘソ下まで縦断の大きな手術痕は、過去の帝王切開の傷とつながり、大迫力。

2度の審査腹腔鏡手術で下腹部に点在する手術痕。

ドレーン孔の痕。

ポートの出っ張り。

長男は、見るのを嫌がり怖がっていました。

私自身、傷と管ばかりでフランケンのようだと思います(T_T)

ですから、長男の前での着替えや処置はしないように努めていました。

 
 

わずらわしさはストレスに

(スポンサーリンク)

 

止まらない膿、かゆみ、お風呂に浸かれない、毎日の処置、トイレの度に管を引っ張らないように気を配る・・・・
 
 


ストレスでした(-“”-;)

 
 

私は、胃全摘出手術の際に腸ろう管を左腹部に造設しました。

理由は、元々36㎏しかない体重を落とさないため・体力維持のためです。

なんとしても体重を維持して生き抜く手段を画策し、主人と相談して自らドクターに依頼しました。

手術翌日の午後から経腸栄養剤を注入開始。

手術後5日目に、大部屋に移動。

看護師からレクチャーを受けて、自動注入機(最新機器でした)の操作と一連の作業を自分で管理しました。

口から内服出来ない錠剤も自分で砕いて溶かして、注射器で管に注入。

当時を思い返すと・・・・・大腸の激痛に耐えながら、ダンピングに耐えながら、緻密な工程を真面目に毎日こなしていた自分に感心します(^_^;)

退院後も自宅にて手動式で実施しておりましたが、術後3ヶ月を過ぎると口からの食事量が増えたので、使用することがなくなりました。

食べられなくなることを想定して管は抜かずに温存していました。

何度かドクターに相談した中で、いつも言われたことは、

「腸に栄養を入れておくことで免疫力が上がる」

この一言で、管を抜かずにいたようなものです。

 
 

1月に入ると膿の色も量も怪しくなりました。

白血球も減少した時期で、ノイトロジンを連日注射。

バイ菌が悪さをする可能性が高くなったので、ついに管を抜くことになりました。

処置は、あっという間に終了。

30秒くらいでしょうか。

抜糸して管を抜いて、孔(あな)にテープと絆創膏を貼っただけ。
 
 


バンザーイ!!

 
 
管に気を配ることのない半年ぶりの解放感です。

スッキリ感で満たされて、嬉しい限り\(^o^)/

私にとっては、癌よりも体に埋め込まれる管類での苦痛がしんどいです。

右腹部には、ポートが埋まっています。

ポート管が詰まると、また全身麻酔下で交換手術ですから、ムチ打ってる体にダメージが大き過ぎます。

なんとしても避けたいところ。

水腎症も程度が悪化すれば、尿管ステント留置が必要となります。

これも心身的にダメージが大きいので避けたいところ。

腎臓を労る食事や休息をして、回避しています。

 

(スポンサーリンク)

 
 

ストレスフリーって、本当に大事です。

二男と一緒にお風呂に入るのは、9ヶ月ぶりでしょうか。

ゆっくりと湯槽に浸かりました!!
 
 


あー、幸せだなヽ(´▽`)/

 
 

おすすめ記事

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!
抗がん剤を投与。副作用で骨髄抑制(白血球が少なくなること)がおきました。免疫力を付けるのに、ブロリコ を飲んでみます。

【免疫力】マヌカハニー効果は絶大|植物のチカラ(その3)

マヌカ ハニーと癌 ブログで話す植物のチカラ(その3)
がんにハチミツ ハチミツの風味が苦手な方も多くいらっしゃると思います。 私もその一人で、喉にくる甘さと独特の風味が、どうもダメで…(-_-;) せっかく主人が、当ブログで口内炎に効くと載せておりますし、トライしてみ...

コメント