がんの「セカンドオピニオン」のやり方|東北大学病院 個別化医療センターに行ってきました

東北大学病院 自由診療

ゲノム検査を調べてきました|東北大学病院 個別化医療センター

 
 

東北大学病院 正面からの外観の写真

 
 

国立がん研究センターに続き、東北大学病院にセカンドオピニオン外来に行ってきました

今回のセカンドオピニオンの目的は、「ゲノム検査」

最近何かと話題で、現時点ではやっているところは少ないですが、あるきっかけがあって、東北大学病院に行くことになりました

 
 
(病院の案内図 大きくてどこに何があるのか、パッと見ただけではわかりません)
東北大学病院 案内図

 
 

セカンドオピニオンをするためには紹介状はほしいのか

 
 

紹介状はいりませんが、担当の先生から現在の病状のデータはほしいです

これも必須ではありませんが、データがないと、あまり参考になるようなアドバイスはもらえません

東北大学病院で必要なのは下記のとおり

 
 

  1. ご相談者がご本人さま以外では「相談同意書」
  2. 主治医に書いていただいた診療情報提供書
  3. できる限りの検査資料(CD-R可)をご用意ください
    • 血液検査の結果
    • 超音波検査の結果と画像
    • レントゲン検査、MRI検査、CT検査の結果
    • 病理検査の報告書など
  4. ご注意
  5.  主治医からの情報や検査資料がない場合には一般的なお話しかできず、
     有効なセカンドオピニオンが提供できませんので、診療情報提供書、検査資料を必ずご用意ください。
     セカンドオピニオン外来で相談を実施した当日に当院の一般外来の予約はできません。

出典:東北大学病院セカンドオピニオンページ

 
 

ゲノム検査とは

 
 

国立がん研究センター 中央病院の説明を引用します

 
 

がんの遺伝子を網羅的に調べ、個々の患者さんのがん組織の遺伝子変異に合った薬剤を選択する治療が望まれていました

出典:国立がん研究センター中央病院

このように、がんの目印(がんの原因になった遺伝子など)を探して、それに向かっていくような抗がん剤を使うと、効率的にがんを抑えることができるというものです

見つかる確率はまだまだ少ないし、仮に見つかっても、まだまだ適性の抗がん剤も少ないことから、いまだ開発段階の治療の考え方です

それでも、治療の選択肢は多い方がいいと思うので、動けるうちに動きたかったという理由もあって、東北大学病院に今回足を運びました

 
 

セカンドオピニオンは保険適用か?

 
 

どこもそうですが、残念ながら保険適用はありません

すべて自費です

詳細の価格は各病院で決まっていて、時間もまちまちです

東北大学病院の価格については下記に明記していますので、ご覧ください

 
 

東北大学病院の場所

 
 

東北大学病院は、仙台市の中心地から北西部、ちょうど以前訪れた、がん封じのお寺「大満寺」のすぐ近く、宮城県仙台市青葉区にあります

 
 

 
 

自分はクルマで行ったので、それほど苦労はしませんでしたが、電車の場合は、駅の接続が悪くて少し乗り継ぎが難しいです

電車よりは、バスかタクシーが適性かもしれません

クルマで行くと駐車場に停めるわけですが、駐車場というよりは、大学構内の道路沿いに停めるという感じ

また、立体駐車場もあるので、混んでいるという雰囲気はありませんでした

(こんな感じの駐車場で、路駐といった感じ)
東北大学病院 駐車場

 
 

東北大学病院の「セカンドオピニオン外来」

 
 

まず、以前に行った「国立がん研究センター東病院」のセカンドオピニオンの受診料は

 
 

  • 30分以内 21,600円(税込)
  • 30分を超える場合、15分毎に加算(延長は最大90分まで)+10,800円(税込)

 
 

という価格でした

保険が効かないので、1回30分程度で2万円をこえます

これは、なるべく診察を受ける前に、質問を考えておいて、それにそって答えてもらうやり方をしないと、あっという間に30分経ってしまうので注意が必要

書類を書くことも含めて30分なので、全然時間がないといってもいいくらいです

東北大学病院の場合、30分しばりはありませんでしたが、

 
 

費用は30,000円(税込 32,400円)

 
 
いろいろ調べてみると、これでも高い方ではないです

同じ「国立がん研究センター」でも、中央病院のほうは
 
 

自費 43,200円(税込)

 
 

そして「1時間しばり」という期限付きです

ここは病院が「築地」にあるので、価格が物価と患者の数と比例しているからだと思われます

話は戻って、東北大学病院のセカンドオピニオンの話

こちらも、受付から受診までのスピードは、とてもスムーズでした

東病院のときと同じで、少し早めに受付を済ませたところ、1時間くらい早目に診察をしてもらいました

とても助かります

東北大学病院は時間制限がないので長めに相談をすることができたのは感謝いたします

約1時間程度の診察でしたが、有意義な時間でした

 
 
(病院の中は吹き抜けもありとても衛生的な感じ)
東北大学病院 吹き抜け

 
 

東北大学病院のゲノム検査の現状

 
 

結果から言うと、東北大学病院では、ゲノム検査が受けられませんでした

理由は、

 
 

  1. 大学でやる予定のゲノム検査がまだ始まっていないということ
  2. 外注のゲノム検査はやっていますが、結果がわかるのが3カ月程度あって、それはお勧めできないということ

 
 

ということでした

参考に、東北大学病院のサイトにのっているゲノム検査は下記の通りです

 
 

NCCオンコパネル検査

この検査の概要は下記のとおり

 
 

国立がん研究センター(NCC)では、1回の解析で114個の遺伝子を解析できるマルチプレックス遺伝子パネル検査試薬(NCCオンコパネル)

出典:東北大学病院 個別化医療センター

 
 

現在(2018年6月)国立がん研究センターで「先進医療B」として行っている検査で、一番進んでいる検査の一つ

東北大学病院もこの検査をやれるように進めているということですが、まだ未整備のため、もう少しやれるまでには時間がかかるということでした

病院の先生の話しでは、「先進医療」として許可をとっていて、それ許可に時間がかかっているということ

 
 

MSK-IMPACT検査

 
 

この検査は東北大学病院では一番大きながんゲノム検査

アメリカに外注してやっている検査で、検査結果がわかるまでには何カ月もかかるということ

概要は下記の通りです

MSK-IMPACT検査はがん関連遺伝子468個と18種類の融合遺伝子を一度に検査するもので、その数は国内で行われている同様の検査の中では最大の数になります。この検査は米国Memorial Sloan Ketteringがんセンター(以下MSKがんセンター)の協力を得て行われます(日本業務委託窓口:テーラーメッド社)。

出典:東北大学病院 個別化医療センター

 
 

オンコプライム検査

 
 

セカンドオピニオンを受けたあとで、サイトをよく見てみると、この検査は受けることができたのではないかと思います

受診のときに先生からは、受けることができないと言われて、そこで思考が止まってしまいましたが、この検査であれば、現在行われている検査で、外注するような検査ではないように思われます

このように、セカンドオピニオンを受けるときには、「目的」をしっかり持って、そして、その受診する病院のことをよく調べないと、空回りで終わる可能性があります

注意してください

 
 

OncoPrime(オンコプライム)は、がんに罹患した患者さんのがん細胞で生じているがん関連遺伝子の変異を解析する検査です。がんは、遺伝子の変化によって引き起こされる病気ですが、同じ臓器に発生しても、がん細胞の遺伝子に生じている遺伝子の変化は患者さんごとに異なります。また、ある遺伝子の変化によっては、抗がん薬の効果に影響をおよぼす事が分かっており、すでに日常臨床に応用されているものもあります。

出典:東北大学病院 個別化医療センター

 
 

東北大学病院での臨床研究においてのがんクリニカルシーケンス検査

 
 

これは現在通っている病院でもやっていて、あくまで臨床検査ということ

そのために、この検査に参加しても各個人の治療のためにデータをもらえるということはないようです

今後のがん治療へ貢献(こうけん)はできますが、現在の治療に結び付くことはできないのが残念

そこは、ある程度緩和してもらいたいです

概要は下記の通り

 
 

当院でも独自の遺伝子検査を開発する研究「がん組織を用いたクリニカルシーケンスの開発及び新規診断法、新規治療標的の探索」を行っております。これは患者さんより包括同意を得て病院バイオバンクに集められた検体を用いて解析を行っております。承諾を得た上で臨床研究に参加していただき上記と同様な検査を行うものですから検査にご負担は頂きません。現段階ではあくまで研究ですので、検査結果を患者さんに提示するものではないのですが品質の安定を確認し結果を還元できるよう努めていきます。

出典:東北大学病院 個別化医療センター

 
 

東北大学病院のセカンドオピニオンまとめ

 
 
東北大学病院 正面外観 その2

 
 

ここでもそうですが、最初の準備がとても重要になってきます

価格もそうですが、病院までに行く時間などを考えると、そう何度もできる受診ではないので、なるべく準備を万端(ばんたん)にして、受診を受けることが重要

感覚的に「試験」を受けにいくような感じで考えるとわかりやすいかもしれません

東北大学病院のサイトを見るだけや、電話での問い合わせだけではなかなかわからないような情報も聞けるので、積極的にセカンドオピニオンをしたほうがいいと思います

セカンドオピニオンというと、「現在の治療の可否を第三者の立場で聞く」ということが一般的ですが、

 
 

  1. 新しい治療をできるかできないか
  2. できないなら、どこに行けばいいか
  3. それ以外にどんな手法があるのか

 
 

など、直接会って話をすると、もやもやしていたものがとてもクリアになるような話が聞けると思います

また、顔と顔を合わせて話すと、ある程度事務的なこともスムーズに緩和することもあります

障害は多くありますが、がんの治療をすすめる上で、セカンドオピニオンはおすすめしたいと思います

国立がん研究センター東病院のセカンドオピニオンの記事はコチラ

「がん治療」でセカンドオピニオンをしてみた|現在の治療が良いか悪いか確かめる

セカンドオピニオン【意味とやり方】レビュー|現在の治療が良いか悪いか確かめる
がんの場合、セカンドオピニオンは必須項目 今回、新しく治療方針が変わることから、セカンドオピニオンをほかの病院に依頼することにしました +++▼ 目次+++ セカンドオピニオンとは何...

コメント