【先進医療と自由診療】体験してわかったことを書きました

Free practice 先進医療

がん 最新治療の考え方

 
 

がん(癌)の最新治療には、いろいろなカテゴリーがあります。

先進医療と自由診療もそのひとつです。

自分の経験した失敗なども含みながらそれを紹介してみます。
 
 
 

先進医療について

 
 
 

まず 先進医療 とは公的な保険の対象になっていませんが、保険の対象として検討されている医療 です

簡単に言うと見込みがあって、実験中の治療 というわけです。

その術式自体は公的保険の対象になりませんが、入院のベッド代や診察代などは保険の対象になります。

詳しい費用については、病院と詳細にお話ししたほうがいいですね。

またその具体的な先進医療の種類は 厚生労働省のホームページ にある 「先進医療の各技術の概要」というページに書かれています。(そしてその実施している施設は 「先進医療を実施している医療機関の一覧」にあります。)

平成29年3月1日現在で109種類あります。

その中でも がん(癌)の先進医療はかなりの量を占めています。
 
 

読むだけでゲンナリしてしますが、これを読んで、病気の種類に合ったものを探すことはとても重要です。
 
 

担当の先生にもわからないことがたくさんあるので、厚生労働省の先進医療のリストをコピーして、粘り強く提案することが とても重要です。

代替医療のような 科学的証拠(エビデンスといいます) のあまりないものは見向きもしてくれませんでしたが、このリストにあるものは ある程度 科学的証拠 のあるものなので、提案すれば話しを聞いてくれます。

現に今回の私の事例では、担当の先生もわからないことがたくさんありました。

保険を選ぶときもそうですが、全てを頼り切りになるのはとても危険だと感じました。
 
 

謙虚に必死さを前面にだしましょう。
 
 

また、患者自身が調べて提案するのはかなり難しいです。

専門的であるため、調べるだけで、の体力の消耗がはなはだしいのです。

現に、自分がちょっとだけ調べて見ただけで、1週間かかり、睡眠時間は4時間くらいでした。

先進医療については、各保険会社で特約などの対応が可能であることが多いです。

先進医療に関する保険は、まだ詳細に調べていないので、後で追加いたします。
 

参考にうちのスキルス胃がんに対して選択した医療はこちらです

新しい化学療法のスタート|先進医療パクリタキセル腹腔内投与

腹膜播種を消すために「パクリタキセル腹腔内投与」を選択しました
患者申出療養を活用して胃がんを治す いよいよパクリタキセルの腹腔内投与が開始になりました。 すでにTS-1とシスプラチンの化学療法を2クールやりましたので、全体では3クール目突入というところです。 パクリタキセルの...

がん最新治療 患者申出療養|東大の手法を地元で|その1

患者申出療養の実例|東大の治療法を地元でやるには|その1
腹腔内化学療法→腹膜播種に直接抗がん剤|がん患者申出療法(その1) 現在抗がん剤の治療を続けていますが、今後のことを考えると心配でなりませんでした。 そこで何かいい治療はないか、いろいろ調べた結果、まず「がん」の再発と転...

 
 

自由診療について

 
 

自由診療とは、簡単に言うと、「保険が適用されない診療」のことです。
 
 

厚生労働省が承認していない治療や薬を使うと自由診療となり、治療費の全てが自己負担 となります。

費用も各病院が個別に設定しているので、患者にとってはお金持ちでないと、簡単に手が出せません。

先進医療との区別は、その術式だけを見ると重複しているところもあります。

例えば、先進医療と同じ内容の術式を厚生労働省が認めていない施設で行った場合は、全額自己負担になる可能性があります。

詳細は各病院とお話しすると確実です。
 
 

お金について各病院とお話しする際には、担当の先生だけではなく、事務の統括者とも直接お話しすることをおすすめします。
 
 

あくまで担当の先生は病気を治すかたで、お金や医療の適用については、法律や国からの指示をもとに、事務の方が進めている場合が多いからです。

今回の私の場合にも、担当の先生と事務のかたの食い違いがあって、事務のかたが正しかったことがありました。

また、原則ですが、先進医療と自由診療(保険対象の治療と保険対象外の治療)を混ぜるのは、禁止のようです→厚生労働省 保険診療と保険外診療の併用について

お気をつけください

保険については、民間で自由診療について対応してくれる保険がありますので下記を参考にしてください

【比較】がんの自由診療保険を選ぶための知識

掛け捨てガン保険を比較(女性の場合)|セコム損保・SBI損保
今あるがんの自由診療保険は、全て保険対象になる というわけではないようです。それをまとめてみました。

 
 
 

まとめの感想

 
 
 
 

以上で概要についてまとめてみました。

自由診療や先進医療の利用確率は低いものの、利用した場合には高額な治療費がかかるかもしれません。
 
 
よって勉強するに越したことはないと思います。
 
 

・・・・・昨年、家族が がん(癌)になったことで、保険に対する考え方が、かなり変わりました。
 
 

今までは親類や家族の中に保険のプランナーが何名かいたので、完全に頼り切ってほぼ任せていました。

しかし、今回家族が がん(癌)になったことで、いろいろ勉強をしていろいろな種類や適用対象の違いがあることがわかりました。

とくに、がん(癌)に対する保険はどの保険会社も力を入れていて、その保険の種類は膨大な量あって、どれに入るか目移りしてしまいます。

今回、患者である家族は偶然にも がん(癌)の特約がついている保険に入っていて、ある程度保険の対象としてみていただけることになりました。
 
 

自分も家族みんなのために、がん(癌)になっても、必ず生きて行かなきゃならないな、と思い、素人ですが、自分に適した保険をいろいろ勉強しているところです。
 
 

生命保険全体を調べるとかなり勉強をしないと把握はできないので、今回は、がん(癌)に関する保険で、ある程度のある「先進医療」と「自由診療」について調べたことを羅列しました。

御見苦しいところもあると思いますが、参考になさってください。

(スポンサーリンク)
 

(スポンサーリンク)
 

(スポンサーリンク)
 
 

おすすめ記事

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!
抗がん剤を投与。副作用で骨髄抑制(白血球が少なくなること)がおきました。免疫力を付けるのに、ブロリコ を飲んでみます。

胃がんの保険・オプジーボ・お酒・コーヒー

オプジーボの「承認・副作用」と「現場の先生の感想」
オプジーボが胃がんで適用に期待オプジーボの胃がん適応2017年9月に承認2017年から胃がんにも「オプジーボ」が保険対象になりました2017/7/9付日本経済新聞オプジーボの胃がん適応、9月にも承認今年2月に薬価を半額に引き下げられた小野薬

がん保険のデータ|「がんは2人に1人」の真実

「がん保険は不要ですか?」患者になってわかった最適な加入時期
「がんにかかるのは2人に1人」と言われるが、本当のところはどうなのか よくガン保険やがんの説明などで使われている「がんにかかる人は2人に1人」や「3人に1人が死亡する」ということをよく言っています。 しかし、その元に...

コメント