胃がんステージの概要を調べました【ステージ1aから4】治療・手術のすすめかた

胃がん 概要

胃がん治療ガイドラインから|最新の標準治療フローチャート

 
 
今の医学では、ステージ1~ステージ3と言われる段階は 手術 による根治(専門用語でほぼ治ったこと)が期待できるといわれています。
 

 
また、早期胃がん(ステージ1~2)と 言われる段階のほとんどが、病気の部分を適切に切れば 治る可能性が かなり高いでのす。
 
 
なかでも ステージ1の1A期 のかたは、約半数が内視鏡治療で治すことが期待できます。ステージ2からステージ3のかたは、手術は必要になりますが、治る可能性が十分にあるステージです。胃癌治療ガイドライン(日本胃癌学会)では、「がん」の進み具合に、「がん」の増殖のしかた、大きさなどを検討し、それに適応する標準治療をすることが一般的です。
 
※「標準治療」というのは、現時点で 最も良い結果 が期待できる治療です。
 
 

(スポンサーリンク)

 
 

表面(粘膜層内)の「胃がん」の治療

 
 
リンパ節に移っておらず、「がん」が粘膜層で とどまっている場合は 内視鏡手術ができる可能性があり、それによって治ることが期待できます。
 
 
その場合、患者個人の体の状態から、安全か、危険かをよく考え、内視鏡治療をするかどうか を検討することになります。
 
 
 
 

根深い(粘膜下層以下)「がん」の治療

 
 
粘膜下層より深く「がん」が進行していた場合、3つの手術の方法があります。
 
 
①「縮小手術」は ほかの場所 に移っていないことが はっきりわかった場合の手術です。「がん」周辺を必要最小限の範囲で取り除きます。
 
 
②「定型手術」は ほかに移っている可能性がありそうな場合に行われ、ある程度の範囲のリンパ節も併せてとってしまう手術の方法です。
 
 
③「拡大手術」は「がん」が 胃の壁の外にでている ことがわかっている場合に行われる手術。「がん」に巻き込まれた臓器と一緒に胃を全部摘出する手術です。
 
 
 
 

切除不能がん、再発がん

 
 
手術前の検査や 手術後の病理検査で 胃から離れたリンパ節や肺、肝臓に「がん」が移っている(転移)ことが分かった ステージ4の「がん」や 手術後に「がん」が また出てきてしまった(再発)「がん」の治療は、抗がん剤などの薬物療法や放射線治療を中心とした治療になります。
 
 
ステージ4の場合、胃を切らないことがあるのは、胃などを切ってしまうと、その後の抗がん剤治療などの始まる時期が 遅れてしまうことが理由の一つです。
 
 
切らないで、早めに抗がん剤や放射線の治療を行うことにより、「がん」を小さくしたり、進行を止めたりするような効果を期待できます。そのほうが、その後、治療の選択肢が増える可能性が高いのです。
 
 
薬物療法に関する治療効果がある場合は 原則として同じ治療を続けます。効果がない場合でも前進の状態が良好であれば治療法などを変更して2次治療、や3次治療を続けることが推奨されています。
 
 

(スポンサーリンク)
 
 

臨床試験への参加や緩和ケアなどについて

 
 
全身の状態が悪くて、抗がん剤が使えない場合があります。また、標準治療がすべての患者のかたに、必ずしも最適というわけではありません。進行の程度や患者のかたの状況、また患者の希望、そして、行われている臨床試験や治験の成績を踏まえて、担当の先生と相談しながら治療を進めて行く事が重要です。
cancerstage

 
 

参考文献:

国立がん研究センターがん情報サービス  

NPO法人キャンサーネットジャパン 
 
 

おすすめ記事

がん最新情報|すい臓がん生存率・自転車がん抑制・遺伝子・最新漢方

膵臓がん生存率を大きくかえる|最新の治療
膵臓がん最新治療がんの最新治療は日々進化しています直接的な治療もそうですが、簡単にがん予防ができるような事柄まで、毎日新しい発見がたくさんあります今回はいくつか、最新のすい臓がんを紹介します【すい臓がんの名医】 生存率を大きくかえる(こちら

がん最新ニュース|玉ねぎ・マイオカイン・がんワクチン・経口分子標的薬

「マイオカインと癌の関係」|マイオカインの増やし方とその効果
がんのニュースは市場が大きいためか、次々と新しいニュースが出てきています。 最近気になるもので「筋肉ホルモン マイオカイン」について紹介してみたいと思います。

「がん封じ」のお参りに|仙台 「大満寺」

大満寺で 癌封じ 虚空蔵菩薩をお参りに|宮城の癌参り
宮城県仙台市太白区 「大満寺」(だいまんじ) 直接の治療が、ある程度安定してきたので、今度は精神的なところのケアで、なんとか免疫力をあげていけるような方法を探していました。 サイトを探していたところ、「NAVERまとめ」...

コメント