患者から見た「がん保険」|ガンになって初めて分かった選び方と必要性

空に人生のイラスト ライフプランニング 保険を選ぶ 保険

がん保険 がん治療は進化するため5年をめどに見直しを

 

 

現在はがん患者の増加が顕著になってきています。

生涯で「がん」になる確率が2人に1人というデータが、国立がん研究センターのデータからわかると思いますが、そのようなニュースがあったためか、「がん」の市場がとても大きくなってきました。

生命保険についても、がん保険の種類が多くなってきて、条件も細分化されてきているようです

種類が多くなったということは、自分に合ったがん保険が見つかる可能性が大きくなったということの反面、多くなった保険を検索、検討することが難しくなってきたとも言えます。

今回のニュースでは2つのことを提案しています。

 
 

  1. 1つ目は5年ごとに保険を見直す必要があること。
  2. 2つ目は、今おすすめの5つのがん保険の紹介。

 
 

この2つの提案について、ガンになってからの立場から、見直しの必要性と、おすすめの保険の内容を、下記のように書いてみました

 
 

保険の見直し

1つ目の5年ごとの更新について検討してみます。

今は、新しいがんの治療法が毎月のようにニュースで取りざたされているため、5年ごとに見直しをかけて、そのときの自分に合った最良の保険を検討しないと、いざ「がん」になったときに後悔します。

また、保険会社の保険の機関についても、5年ごとに保険の内容を更新していくものもあります。

とても面倒ですが、保険の勉強も含めて5年に1回でいいので、見直しをかけたほうがいいと思います。
 
 

注目のがん保険を5つ紹介+自分の一押し

2つ目は、今注目の保険の紹介です。

下記のようになりますのでご参考になさってください。

また、自分の一押しも入れましたのでご参考になさってください。
 
 

ガードエックス(メットライフ生命)

この保険の特徴は2つ
 
 

  1. 年間一律100万円(5回まで)
  2. ホルモン剤を受けると一律10万円

 
 

特徴的なのは「ホルモン剤治療」に対する保険です

これは、現在は乳がんや前立腺がんなど限られたガンに対して行われています

自分の家系で、そのようなガンになった人がいたらかけておいてもいいかもしれません

(概要)
手術、放射線治療、抗がん剤治療の三大治療のいずれか1つでも治療を受けた時、100万円を支給。
がんの診断が確定した場合は以降の保険料が免除される。
40才男性の場合、月額保険料2813円でがん治療費100万円を保障(ホルモン剤治療付き)。

(ホルモン剤治療とは)
乳ガンや前立腺ガンなどの女性ホルモンや男性ホルモンがガンの成長に関与しているものに対しては、そのホルモンと拮抗するホルモン(乳ガンには男性ホルモン、前立腺ガンには女性ホルモン)を投与する治療法です。
ガン細胞の増殖を抑える効果があり、単独で行われたり、他の治療法と併用されることがあります。
出典:メットライフ生命 ガードエックスサイト

 
 

がん保険 自由診療タイプ(SBI損保)

SBI損保さんの自由診療タイプをおすすめする理由は、初期のガンならそれほど治す費用もかからなくて、通常の治療は保険対象なのでなんとかなります

なんとかならない治療を選択するときに「自由診療」の保険が必要になるので、これを選びました

摘要になる条件は、個人で決めるのではなく、担当の先生からの治療方針と、保険会社の承認が必要になりますが、一番のメリットは、月額保険料がとても安いことです

先進医療、自由診療を含め、実際にがん治療にかかった費用をすべて補償。通院治療費は最大1000万円。40才男性の場合、月額保険料900円(がん診断保険金なし)。
出典:SBI損保 がん保険自由診療タイプ

 
 

アクサの「収入保障」のがん保険(アクサ生命)

一家の大黒柱がガンになったときに必要な保険

月額保険料が少し高いですが、内容はともかく、「がん」と診断されれば年金が始まるので、とてもわかりやすいです

 
 

  1. 「死亡後に支払われるタイプ」
  2. 「がんに確定したら支払われるタイプ」
  3. 期間が5年間
  4. 期間が保険期間満了まで

 
 

この4つのタイプから組み合わせます

タイプによっては月額保険料が違うので、確認してみてください

がんの診断が確定した場合に、収入保障年金が支払われる。診断後の保険料支払いは免除に。
40才男性の場合、月額保険料6048円で年金120万円を保障(年金支払5年間、65才満了)。
出典:アクサの「収入保障」のがん保険

 
 

終身ガン治療保険プレミアム(チューリッヒ生命)

放射線、抗がん剤治療、ホルモン剤治療を受けた時、月額給付を回数無制限で保障。40才男性の場合、月額保険料1720円(月額20万円、特約なし、終身払い)。

 
 

新 生きるためのがん保険 Days(アフラック)

入院・通院一律1回10,000円がとても魅力です

なかなか通院の手厚い補償がないので、そうい意味ではおすすめ

月額保険料も標準的

手術見舞い金やそれ以外の一時金は抑えめになっています

最近は通院治療が多いので、これもいいかもしれません

 
 

がんと診断された時、一時金100万円を給付。入院しなくても三大治療を保障し、通院費用も日数無制限で保障。40才男性の場合、月額保険料4310円で入院給付金日額1万円(Aプラン、終身払い)。
出典:新 生きるためのがん保険 Days(アフラック)

 
 

自由診療保険 メディコム(セコム損害保険)

自分の一押し(いちおし)です。

月額がちょっと高いですが、がんに対してはかなりの補償が期待できます。

また、補償対象の治療が、「SBI損保の自由診療」ほど厳しくありません(自分が問い合わせた印象)

電話対応が専門スタッフのため、サポートも丁寧で、回答も素早く、迷うような回答はありませんでした

 
 

  1. がんと診断されると、100万円。
  2. 自由診療、先進医療、公的保険診療それぞれ問わず、がんと診断後の治療はかかった分だけ補償してもらえます。(患者申出医療も補償)
  3. 入院治療は無制限で補償
  4. 通院は5年間で1000万円まで補償。
  5. 40才男性で月額1,930円、女性で3,350円(女性の方が高い)

 
 

自由診療保険 メディコム(セコム損害保険)のサイトはコチラ

 
 

まとめ

どの保険を選ぶにしろ、自分にぴったり合った保険を探すためには、いろいろ聞いたり調べたりしないといけません。

勉強だと思って、直接電話なりで聞いてみることをオススメします。

会社によっては、電話対応が良いところと悪いところもあって、決める判断材料になる場合もあります。

(スポンサーリンク)
 
 
 
 

コメント