がんの術後に「ベッドレンタル」をしてみた|電動リクライニングベッド・点滴台

bed リハビリ

癌の手術後、「電動リクライニングベッド」と「点滴台」は高価なので、レンタルにしてみた

 
 

皆様お元気でいらっしゃいますか?
たきじの妻です。

まずは、現在私がレンタルしている電動リクライニングベッドの写真を。

リクライニングベッド 全体

 
 

「ランダルコーポレーション」というメーカーで、このベッドは、グッドデザイン賞を獲得したらしいです。

リクライニングベッド グッドデザイン賞

頭(背もたれ)の角度とベッドの高さがリモコン調節できます。

ベッドサイドの柵には、ラバーが巻いてあります。

掴んだ時に滑らない・力が入りやすい・ヒンヤリしないという配慮だそう。

マットレスは、リバーシブル。点圧面とフラット面があり、今はまだ背中が痛いので点圧面を使用しています。

リクライニンベッド 反発

 
 

実は、退院後から1ヶ月間は、違うベッドを使用していました。

入院していた病院とほぼ同じタイプのものでした。
 
 

任せっきりにしない

ちょっと前のことになりますが、電動リクライニングベッドと点滴台のレンタル業者を変更しました。

1番の変更理由は「料金」でした。

業者によって料金設定に幅があることは、退院日が決まった後に病院の患者サポート事務職員の説明で知りました。

業者だけでなく、地元の老人ホームや福祉施設からレンタル可能なことも知りました。

レンタルについては、主人も私も病院にしか頼っていなかった(病院にしか相談できないと思っていた)ので、その相場や業者について全くの無知でした。

 
 

何事においても“任せっきり”はいけません。

 
 

手術翌日には、レンタル手続きしたい旨を看護師に伝えましたが、

「退院日が決まれば業者さんがすぐに配達してくれるようですから大丈夫ですよ」

と言われるだけ。

仲介する患者サポート事務職員も退院日が決まらないと動けないので、手術翌日にどうこうなる件ではないのですが、退院日は突然決まるのが世の常。

決まると同時にドタバタと畳み掛けるようにコトが進み出します。

病院側は、患者と業者の仲介役ですから細かい確認のやり取りが発生します。

私としては、自宅から1番近い介護施設からレンタルしたかったのですが…

病院からは
 
 

  • 「そこだと希望日に搬入できないかもしれない。」
  • 「ベッドは確実だけど点滴台は間に合わなかもしれない。」
  • 「配達時間は確認してみないとわからない。」
  • 「どうしますか?」

 
 
といった具合です。

判断を委ねる家族も居ないタイミングで、術後の後遺症でいっぱいいっぱい。

業者や料金を比較検討する余裕はなくて『とりあえずベッドと点滴台が希望日に配達可能な業者でいいです』と一存で決めました。

この時に決めた業者の月額レンタル料金は、
 
 

  • ベッド2800円(税別)
  • 点滴台1000円(税別)
  • メーカーは、パラマウントベッド。
  • 点滴台(腸ろうで使用)は、五つ脚のもの。

 
 

1番高い料金設定の業者でしたが、こちらの必要とする用品を希望日に配達可能な業者でした。

 
 

安くて良いものを

退院後しばらくして、これから先もレンタルするに当たり、料金が気になりました。

そんな折、福祉施設で仕事をしている友人からメールが。

『今借りてるベッド、どんな感じですか?マットレスの固さとか合ってます?腰とか痛くないですか?』

リース会社の変更を考えていた折のジャストタイミング!

そして、メールの中でベッドの相場が1500円前後だと知るのです(○_○)!!

月額最大で1300円も安い。

(点滴台は同額でした)
 
 
この差は大きい。
 
 
でも、安いと心配なのが「モノ」と「アフターサービス」です。

業者担当者の技量にもよりますが、迅速・親切・丁寧は最低条件です。

友人から2社を推薦してもらい、品質や対応など色々質問して、お墨付きなことを確認。

すぐさま主人に相談して了解を得ました。

 
 

早速手配開始です。

従来の業者に電話して解約手続きを済ませ、8月最終日の午前中に撤去していただき、午後に新しい業者が配達設置。

驚くほどスピーディーに進みました。

ベッドは、組立式でパーツごとにバラバラになっています。

狭い玄関、階段、アパートでも搬入可能ですからご安心を(^^)

もっと早くに相談しておけば良かった…

しかし、そこまでに至らないのが実情で。

福祉施設=介護を受ける人がお世話になる場所という固定概念があり、相談することにすら考えが及ばなかったのです。

 
 

面倒がらず相談に出向く

私は、自費で借りております。介護保険を利用する場合には、より少額で済みますが、ケアマネージャーや役所との手続きが必要となります。

お役所手続きは、細かいし面倒ですが、知らないことを知り得るチャンスです。

お金に関わることですからぜひ足を運んでみてください。

手術する前の余裕がある時点で、最寄りの役所・福祉施設・社会福祉協議会等へ出向き(電話でなく顔を会わせて)相談しておくと、退院する時に慌てずに済みます。

 
 

なお、手術後であっても通常のベッドや布団での寝起きに支障のない患者さんもおります。

切除の術式・開腹か腹腔鏡か・回復状況で個人差がありますので、レンタルを無理にお薦めするものではありません。

手段の一つとして参考になれば幸いです。

 
 

==おすすめ記事==

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!
抗がん剤を投与。副作用で骨髄抑制(白血球が少なくなること)がおきました。免疫力を付けるのに、ブロリコ を飲んでみます。

5年生存率が向上【がん治療】市販のDHA・EPAで効果あり

【がん治療】5年生存率が向上する方法|市販のDHA・EPAで効果あり|筋肉も増加
市販の魚油に含まれる成分で抗がん剤を長く続けられる 2017年7月後半のニュースですが、 当院は、その解決策として2011年(平成23年)4月、院内に「がんサポート・免疫栄養療法センター」を開設し、これまで約5、00...

コメント