「癌 増殖のメカニズム」【抗がん剤耐性】に希望「英国科学誌」に発表した「新発見」

点滴 抗がん剤

「がん」の増殖が抑えられるか?今後の「抗がん剤」に期待

 

(スポンサーリンク)
 

 

「がん」の増殖を抑えるという発見がありました

増殖を抑えられれば、「がん」自体の無効化ができるので、治療にはとても期待できる発見です

記事元は「福島民友新聞」のオンラインサイト

 
 

福島民友ニュース

「がん細胞増殖「抑制構造」発見! 福島医大・植村講師らチーム
2018年02月14日 08時00分

 
 

記事によると、「がんの原因の遺伝子を抑えるメカニズムを発見」したということ

 
 

(記事より抜粋)

福島医大解剖・組織学講座の植村武文講師(38)と和栗(わぐり)聡教授(53)らの研究チームが、がんの原因遺伝子として知られるタンパク質「上皮成長因子受容体(EGFR)」の細胞増殖を抑えるメカニズムを発見し、英国のオンライン科学誌「サイエンティフィックリポーツ」に発表した。
このメカニズムを利用した抗がん剤の開発が期待されるという。

 
 

「サイエンティフィックリポーツ」のサイトを見ましたが、まだオンライン上には載って(のって)いなようでした

 
 


残念

 
 

また、ここの書いてある通り、まだ、発見しただけ

そのメカニズムを活かすための「薬」をつくるのはこれからのようです

自分たちのような、すでに「がん」になっていて、早期に治療を求めているひとにとっては、発見だけでは、もろ手をあげて喜べないのが正直なところです

ですが、ニュースなどをみていると、がん治療も、毎日すこしずつ進歩しているこが分かります

以前から比べると、開発のスピードはグンと増しているのも実感しますし、効果が高いと判断できる治療については、特に早いと思います

ですが、「がん」になっている自分達にとっては、もどかしいのもまた事実です

期待したいです

 
 

おすすめ記事

【抗がん剤】効き目をよくする「ツボ」

「足つぼと癌」ブログで紹介【抗がん剤】効き目をよくする「ツボ」
足もみのススメ|痛いけど効果を実感 お元気でいらっしゃいますか? 「たきじ」の妻です。 この1ヶ月、怠けず続けていること。 それは「足もみ」です。 足裏を痛いくらいに刺激します。 とにかく躊躇(ちゅう...

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!

抗がん剤の白血球減少|免疫力増加にはこれ!
抗がん剤を投与。副作用で骨髄抑制(白血球が少なくなること)がおきました。免疫力を付けるのに、ブロリコ を飲んでみます。

コメント